昨日、無事棟上げまで出来た元山町の現場では、予定通り15時から恒例の上棟式(餅まき)を行った。

DSCN8399_217

定刻の15時には関係者が屋根に上がり、藤田棟梁の祝詞で工事の安全祈願。その後四方餅を投げて、御神酒で乾杯し、いよいよ餅まきが始まった。既に参加者も、

DSCN8404_219

施主の親戚、友人、子どもの友人などでかなりの人数。そしてこれも恒例となった施主の挨拶。これも恒例の施主用の赤い半被を着ての挨拶。ちなみに女性は上棟式で屋根に上がれないので地上待機となる。

DSCN8407_218

 

 

さすがの挨拶に、終わってから「にっぽんいち~~」と景気の良いかけ声も出たほど(爆笑)。いつも通り(株)オーヌキさんに段取りしてもらい、施主家族にとっては思い出に残る一日になったはず。本日はおめでとうございました。

終わってからは雨に備えて外まわりにはブルーシートもかけて、作業に参加した大工さんとオーヌキさんの若手も解散。本当にこの二日間、お疲れ様でした。シート越しにも三角屋根と四角い屋根のシルエットが見え、

DSCN8412_216

中に入ると、

DSCN8413_215 

軽量鉄骨で作ったまる~~いダイニングの壁下地も完成して、●▲■、全てのアイテムがこの二日間でお披露目完了。最後に監督さんには現場に残ってもらい、サッシの大きさ、取り付け位置確認の施主打合せを1時間程度行って、本日予定していた全業務終了した。今夜はきっと・・・みんな美味しいお酒を呑んでいることでしょう(笑)。

(施工:(株)オーヌキ)