台風にもかかわらず、午前中は現場で施主打合せ。

現場では塗装屋さんが内部木部の塗装中。

20101030.JPG

建具枠のヒノキ、家具の天板やカウンター・笠木などのタモ、

建具のシナ、現しの梁の杉など、塗装する前はそれほど色味の違いは目立たないが、

塗装をすると木に元気が出るかのように、それぞれの自前の色を現してくれる。

この変わり様が木の住まいの楽しいところ。

 

ただし、だからと言って調子に乗って木を使いすぎて、

モクモクしすぎると・・・、古くさ~い木の家になるので、

あくまでも全体のバランスを考えながら、

あくまでもデザインはモダンに。

大切なのは全体が統合されているかどうか。

 

最後のお楽しみは、床のナラ材の塗装。

塗装前のナラももちろん綺麗だが、塗装すると一段と艶っぽくなる。

この艶っぽい状態を保つためには・・・木もお手入れが大切。

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here