20081209.JPG K邸の工事も着々と進行中。 屋根は雨樋もついて、煙突廻りの処理を除いて終了。 樋はガルバの半丸のシンプルなもの。 屋根のガルバと同じ色ですっきり見えるのがいい。 外壁廻りは防水シートを貼り終わり、通気胴縁を取付中。 通気胴縁は、前崎棟梁自ら現場で丸ノコ使って加工したもの(笑)。 当然、材木屋で買った通気胴縁より見栄えはしないが(笑)、 下地なんだから、少しでも安くしてくれる方がありがたい。 バルコニーの手摺の形状も現場に入ってから変更したもの。 バルコニーの長さが長いので、手摺をしっかりさせるため、 手摺壁+角材に変更した。角材のところは真ん中に横桟が一本入る。 今日は現場で棟梁と階段の打合せ。 施主は2階に上がれるが、 奥さんや子どもたちも2階に上げてあげたいので、 早めに階段を造ることにした。 階段廻りの壁の仕上げは元々ボードの上に塗装だったが、 それだと工程が遅れるので、壁は杉板貼りに変更する予定。 杉板に変更すれば全て大工工事で仕上がるので、 年内にはなんとか階段までいけるか・・・。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here