20080923.JPG 10月12日の一級建築士・製図試験に向けて日建学院の講義も佳境。 今日も9時~18時まで水戸駅南校舎に缶詰になってしまうので、 昨日一日で工事が終了したK邸の地盤改良工事を朝のうちに確認に行った。 日建には8時半には行かないと行けないので、現場に7時着。 昨日、工事前に位置の確認には立ち会ったのだが、 10時に事務所に戻らないと行けなかったため、気になった部分を確認した。 K邸の場合、地盤調査の結果として、 住宅部分の一部が自沈層にかかっていることが判明したので、 住宅部分のみ改良工事を行った。 幸い自沈層が出てきたのがガレージ部分の反対側だったので、 改良工事は住宅部分のみで約50万円。 ボクの方で施主の代わりに直で発注したので、 メーカーや工務店経由の金額より低く押さえることが出来た。 一般的には、改良工事会社から出てきた見積に自分の経費を20%くらいは乗せるので、 建て主が払う改良工事の相場としては70~80万くらいか。 工事は柱状改良。概要はこんな感じ。 http://www.shield-agency.co.jp/kisochishiki/08_hashira.html 地盤に600Φのコンクリートと土を撹拌した柱を作って住まいの基礎を支える。 改良後は10年間、5000万円の地盤保証をシールドエージェンシーが保証してくれる。 写真の丸い部分が、柱が作られた部分。 確認したかったのは柱の天端レベルだったが、問題なく施工されているので、 予定通り来週から基礎工事に入れそうだ。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here