朝一で瓜連の現場に行くと、板金屋さんが・・・すごい人数。

建て方の時の大工さんの人数より多い(笑)。今日は屋根のガルバを葺く日。

 

屋根の上では板金屋さんが二人で・・・、

20101217h1.JPG

今朝の冷え込みで、雪かきならぬ霜かき。

幸い日差しがかなり強いので、屋根を葺くまでには乾きそう。

 

何しろ、平屋でしかも長手方向への片流れなので、

タテハゼの平板一枚がハンパなく長い・・・。トラックから荷下ろしするのに・・・、

20101217h2.JPG

7、8人で降ろし始まったが、ガルバ一枚が長すぎて曲げてしまいそうだったので、

結局、大工さんとボクも入れて総勢10人の荷下ろし。

たぶん、ボクがガルバの荷下ろしするのも、これが最初で最後・・・のはず(笑)。

 

なんとか降ろし終わって一息ついている時、

床合板の釘を打っている大工さんの仕事っぷりを見ていると、

20101217h3.JPG

小さくて見難いが、釘を金槌で一本一本丁寧に打っている。

釘打機を使わず、金槌で合板の釘打ちする大工さんが今時いるなんて・・・、

しかも釘の間隔が揃うようにと、合板の端材に@150の印を付けて、

白いビニール袋から釘を一本づつ出して打っている。

 

大工さんは、

「揃ってた方が気持ち良いよね」「釘がのめり込まない方が良いよね」と、

何事も無く言うが・・・、

こんなに心を込めて仕事してくれる大工さんに、自分の住まいをつくってもらえるなんて、

この家に住める家族はなんて幸せなんだろう・・・。

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here