20080518.JPG

昨日今日、水戸・河和田のファイヤーライフさんでは半期に一度のお祭り。

薪ストーブを使った料理をご馳走してくれたり、 ストーブのメンテ教室やチェーンソー教室、塗り壁体験などと、 いろんな催しをやっていた。 あいにくボクは11時から学校だったので15分ほどの滞在・・・・。 ファイヤーライフさんでは薪ストーブの他にも 漆喰や自然塗料などを扱っているので、 実際にDIYで漆喰を塗る体験教室で子どもたちが楽しそうに塗っていた。 カルクウォールというスイス漆喰を塗るのは意外に簡単そう。 スイス漆喰は2種類。 内外装に使えてペースト状で厚みがあるカルクウォールと、 内装用のクリーム状でローラーなどで塗るカルククリーム。 材料価格はこちら。 http://www.iskcorp.com/pdf/price.pdf ウォールはシーラー下地込みで㎡3000円程度か。 クリームなら1500円くらい。 実際のテクスチャーとしては、ウォールは結構ざっくりした感じで、 手の痕跡が残った感じが好みの人向き。 クリームは薄塗りなのでさらっとした仕上げが好みの人向き。 上の写真はファイヤーライフさんにある薪小屋。 2m×8m、高さ約2mくらいの大きなモノ。 通常の一戸建て住宅で薪ストーブを使う場合、 2×2×2mの小屋でストック出来る量はおよそ1年分らしいので、 乾燥用の薪のスペースも含めて、 この2倍の大きさがあれば十分らしい。 あとは薪割りするスペース。 置いてあった薪割り機が欲しいなぁ。   中ではスタッフの人に薪ストーブの発注時期を確認。 少しずつ価格が上昇しているが、 発注してもらえれば施工時期が半年後でも、 見積時の価格で対応してくれるとのこと。 通常は施工の発注と同時期で対応することになるだろう。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here