10時より建築基準法上の完了検査。

たとえ10時に日立に行く事があっても8時前にいったん笠間の事務所へ行き、

ひと仕事してから現場へ行く事にしている。

笠間に事務所があると、県内全域へ移動しやすいので、

笠間から大みか町まで正味40分ちょっと(笑)。

 

完了検査というと大げさだが、10分程度で終わる簡単な検査。

換気扇や給気口、火災警報機、階段やバルコニーに手摺が付いているかどうか、

火気使用室がある場合(ボクの設計はある場合が多い(笑))周囲の仕上は不燃材かどうか、

ロフトの天井高さが1,400mm以内になっているかどうか、

その他あくまで目視出来る事の確認で、

むしろ一番大事な検査事項は建物の配置が図面通りかどうか。

住宅は、建物内部については家族という特定の人が使う建物なので、

基準法上もたいそうなチェック項目は無いが、

配置が変わると、隣近所に対する影響が変わるので、配置のチェックだけは厳しい。

今日もいつも通り無事10分程度で終了。

 

終わって一通り写真を撮っていると(相変わらずGX100の調子は最悪だが)、

蓄熱暖房機が入っている。

20100223.jpg

重さは300㎏超。ストーブが200㎏なのでいかに重いか。

内部に煉瓦が入っているので見た目よりかなり重量がある。

 

蓄熱暖房は、深夜電力を使う暖房器具なので、オール電化の住宅に相性が良く、

日中から夜にかけてゆっくり放熱するので、昼間人がいる住宅にはお薦め。

ただ23時~翌朝7時までは蓄熱タイムなので、

ボクのような夜遅い人間には不向きかもしれない(苦笑)。

 

今日の完了検査で、残すところあと長期優良住宅の完了届のみ。

設計が始まったのが昨年8月からで10月から着工と、

今までに無い短期間の設計だったので、無事竣工を迎えられてひと安心・・・。

これも施主家族と工務店、その他関係者の協力があっての成果だと思う。

みなさま、お疲れさまでした。残りの外構ももうひと頑張り・・・。

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here