昨日からの強い雨が残らないか心配だったが、

無事「スキップフロアでつながる住まい2」のオープンハウスが終了した。

午前中の地震で冷やっとさせられたが、10組の家族に集まって頂き、

ありがとうございました。

 

午前中の気温はそれほど低くなかったので、薪ストーブに火を入れるか迷ったが、

せっかくなので予定通り薪を持参し、12時30分くらいから薪ストーブを焚き始めると・・・、

2階などは暑い暑い・・・(笑)。

 

スキフロ2は、屋敷全体の広さこそ、かなりの広さがあるが、

屋敷の中には既存の母屋、離れ、物置、作業場、車庫などがあり、

実際今回のスキフロ2の敷地としては200㎡弱。

 

しかも、前面道路は意外と交通量も多く、道路から建物までの「引き」が取れないため、

あえてリビングの床レベルを半層上げて、道路との引きを確保し、

その結果、高い位置に空けられた窓から、北側のダイニングまで明るさを広げている。

半層上がったリビングには開放感がある一方、

ソファに座ると落ち着いた雰囲気があるのも感じて頂けたと思う。

そしてリビング下の空間の楽しさ・・・。

 

機能的には、キッチン~洗濯室~物干しスペース~収納~パントリーという、

住まいの中で最も使われる頻度が高い家事動線の効率の良さや、

子ども室の可変性なども見て頂けたと思います。

 

住まいの設計に対する考え方は一貫していても、実際に建つ敷地条件や家族の条件が変われば、

全く違う住まいが出来上がるのが建築の設計の面白いところで、

予算の中で最大限、その家族に合った住まいを考えるのがボクの仕事です。

 

スキフロ2概要

・敷地面積:200㎡弱

・建築面積:26坪(下屋含む)

・延床面積:36坪(1階:22坪、2階:14坪)

・最高高さ:7.8m

・木造在来工法、ベタ基礎

 

年明けには同じひたちなか市内に竣工する田彦O邸のオープンハウスも予定していますので、

これからの住まいづくりの参考にして頂ければと思います。

 

最後になりましたが、今年4月11日に引き渡してから7ヶ月が過ぎ、

子育てにも忙しいにもかかわらず、オープンハウスにご協力頂いたスキフロ2のご家族には、

感謝致しております。ありがとうございました。

相変わらず、笠間を拠点にしている設計事務所の割には、ひたちなか市内に現場が多く、

来週からまたすぐ近くの現場も始まりますので、これからもちょくちょく遊びに行かせて頂きます。