今年の一級建築士の試験も学科の方は残り2ヶ月となり、

生徒たちはいよいよこれから追い込みに入るところだが、

我々講師陣は一足先に製図の研修会。

 

朝10時スタートで夕方17時まで日建学院の池袋校に缶詰・・・。

今年から試験制度が大きく変わるので、

学校側も講師も、もちろん生徒も手探りの運営になってくる。

とは言え、教えることは一緒だが。

 

一級の製図試験の課題になるような、公共建築系の建物を設計する場合、

大事なことはゾーニングと動線計画。それがしっかり理解出来て、

実際にプランニング出来れば軽く受かる試験だが、それが難しい・・・。

 

教える方も、どれだけしっかり教えられている講師がいるのか疑問。

たいてい、細かい法的な指摘や技術的な指摘をしている講師がほとんどではないか??

本当に生徒が教えて欲しいことを考えてあげないといけないのに。

毎年思うことだが、今年こそ全員合格。

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here