20090125.JPG U邸の浴室・洗面脱衣・2Fトイレは仕切りのないワンルームで、広さ6帖。 床と腰壁はモザイクタイル、天井と上部の壁は浴室用のペンキ、 洗面カウンターは木で仕上げている。 もちろん、この部屋全体をFRPで防水している。 これだけ広いと寒そうな感じがするが、 実際は、これもストーブのおかげで、全く寒さは感じない。 乾燥状況も、小さな100Φの換気扇を常時付けているだけだが、 朝までには天井にも水滴一滴残らず乾燥している。 これならカビずにすみそうだ。 このサニタリーを挟んで、手前にファミリークローゼット、 外にはバルコニーが直結してあり、 サニタリー<洗濯>→バルコニー<物干し>→クローゼット<収納・アイロン掛け> と一連の作業が連続しているため、毎日の洗濯作業を軽減している。 そして、家族は各自、クローゼットで自分の着るモノを用意して、 お風呂に入る時もクローゼットで着替えを持ってサニタリーへ入る。 キッチンと洗面・浴室・クローゼットを近接させてあるプランは 最近よく見かけるようになったが、 物干しが依然として遠いところにあるプランがほとんどで、 毎日、洗ったばかりの洗濯物を運ぶ労力をなんとかしてあげたい。 食事は外食でも済ませられるが、洗濯は毎日欠かせない作業なのだから。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here