暮らしやすさの工夫暮らしやすさの工夫暖かな住まいづくり

15時より中間検査。ひたちなか市に住宅を建てる場合、100㎡以上かつ2階建てに該当すると基準法の中間検査が必要になる。現場の方は既に、

DSCN9650_039

制震ダンパーも取付済み。耐震等級3を確保した上にこの制震ダンパーをつけている。今はこのダンパーもかなりの種類があるが、ボクが採用しているのは日立オートモティブシステムの「減震くん」。

DSCN9652_040

取付場所の上下に横架材があれば、必ずしも基礎が無くても構わないので、リフォームにもかなり有効だと思う。価格も制震ダンパーの中では非常にリーズナブル。これを付けるだけで地震時の揺れ幅がおよそ半分程度まで軽減されるので、今後も予算の許す限り採用していきたい。

2階では断熱材も施工中。

DSCN9653_041

今回も36Kの高性能グラスウール。厚さが105mmあり、通常の構造材と同じ寸法のため、今までの現場ではかなり大工さんが苦労していたので、今回は断熱材が入る外壁周りのみ120mmの構造材にしている。

DSCN9655_042

このわずか15mmの違いが大きな違い。断熱材はかなり施工されていたが、それでもまだ、

DSCN9656_043

この有様。まるで中学校の体育館倉庫・・・。

サッシの枠も半分以上は現場に搬入され、取付も始まっている。

DSCN9657_044

今回採用したサッシはリクシル最新の樹脂サッシ・エルスターX。もちろんトリプルガラス。あまりの重さに「枠の下がり・ねじれ防止のため補強材を必ずつけてください」と書かれている。実際、1枚のサッシを搬入するのに4人がかりでないと無理らしい。

U邸には薪ストーブを設置することになっているが・・・、無用の長物化間違いなしの断熱性能を確保している。

(施工:(株)名匠建設)

勝田U邸

昨日・一昨日の二日掛かりで、ひたちなか市・稲田に建築中のK邸の建て方を行った。

DSCN9575_034

一日目は構造フレーム。こちらは予定通り無事構造垂木まで完了。そして二日目では屋根下地がメイン。

DSCN9595_035

本来は防水用のルーフィングまで行きたかったところだが、何しろ43坪の平屋で、しかも平面形状はコの字型、屋根形状も可能な限りシンプルな設計にしているが、それでも屋根の作業量としては佐和I邸以来のボリュームなので、ルーフィングまで行けるかどうか微妙か、と考えていたが、やはりルーフィングまで行かず。とりあえず雨をしのぐために、この後、ブルーシートを掛けて終了。

その屋根下地、どうしてそんなに時間がかかるのかと言うと、屋根の断面構成がこれでもかというくらい重装備な設計にしているから。その構成が次の写真。

DSCN9601_037

通常は「桁」の上の「垂木」と「野地板」の上にルーフィング+ガルバ。「断熱材」は天井の上に載せる天井断熱方式にするが、ボクの事務所では内部空間を最大限活用するため屋根断熱を標準的に設計している。そのために、構造用合板の上に「断熱材」を貼り、断熱材の上に「通気層」を確保するため、構造用の垂木の上にもう一本、「通気用の垂木」を打って、最後、一番上の野地板は、耐久性・耐熱性を考慮して「杉のザラ板」を貼り、ようやくこの上にルーフィングを貼る事になる。ここまで重装備の屋根の仕様は県内中見渡してもボクの事務所だけのはず。当然その分費用はかかるが、ここはどうしても・・・ボクとしては・・・削れない費用。これをからないと、ロフトが暑いし、雨の音もスゴイことになる減額のために削減したことは一切ない部分になっている。写真をよーーく見ると、通気層の奥の方にかすかに光が見えると思う。これが通気層がちゃんと確保出来ている証拠。

設計事務所の仕事というと、デザインなどの華やかな部分を見られがちだが、ボクの仕事の大半はこうした住まいの性能に関することで、コストバランスを考えながら、いかに長く快適に住んでもらえ、ずっと愛着を持ち続けてもらえるようにするにはどうしたらいいかと、日々考え続けることになる。

今日は先勝、午前中が吉日なので・・・本日は上棟おめでとうございました。

 

(施工:(株)大貫工務店)

稲田K邸

さらに記事を読む...

1 / 4 ページ

最初
1

 11月   12月 2016    1月

   1  2  3
  4  5  6  7  8  910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Julianna Willis Technology
つくば・水戸 薪ストーブの家
スタッフ募集
茨城 オープンハウス情報
チャンスをお見逃しなく
水戸 オープンハウスご予約はこちら
随時見学予約受付中です。

other Info

TELEmail

 

このサイトについて
プライバシーポリシー
サイトマップ

 本ホームページ内全てのコンテンツ、写真、デザイン画像の盗用、無断転載、引用はお断りいたします。 無断使用の場合は著作権使用料を1日1万円と算定し、水戸地方裁判所を管轄とし法的請求いたします。