今日は朝からW邸の建て方。

打合せが終わってから現場に行くと、すっかり棟上げまで終わっている。

 

20101128w3.JPG

餅まきがあるので、今日はらいきも一緒。いつもながら誰とでも友達になるのは良いが、

施主のお父さんにまで何やら話している(笑)。

「ねーねー、あの上の棒はどうしてなにもついてないの???」

とでも話しているのか(笑)。

 

そして、予定通り15時から上棟式。

20101128w1.JPG

空までお祝いしてくれているかのような秋晴れのもと、

五色の吹き流しも設えられ、棟梁が祝詞をよみあげ、

乾杯を済ませた後はいよいよ餅まき。

 

遠くにお住まいのご親戚から、ご近所の方まで集まって頂き、

20101128w4.JPG

とても賑やかな餅まき・・・。

たくさんの人に見守られて上棟を迎えられる事自体、

とても幸せな事だと思う。子どもたちもとても楽しそう。

こういう楽しい体験は子どもには大切な経験だと思う。

 

餅まきが終わった後は、早速仕事。

20101128w2.JPG

板金とサッシの色の確認をするという事で、板金屋さんが用意してくれたのは、

屋根の破風や腰折れ部、トップライトの納まりの原寸モデル。

これなら、どうやって雨漏りしないように屋根が納まっているか、施主にもわかりやすい。

労を惜しまず一つ一つ丁寧に仕事をする姿勢が、この原寸モデルからも伝わるはず。

そして結局は、板金屋さん自身にとっても、

しっかり現場で確認してもらってから仕事に入れるので、メリットにもなり、

現場はスムーズに動いていく事になる。

 

本日は上棟、おめでとうございます。