20080808.JPG U邸の基礎・耐圧版の打設が終了。 これから立ち上がりの型枠を設置する。 手前の外周部分に配筋の無い部分は駐輪場、上部はバルコニーとなっており、 その両端部は配管スペースとして、床下の配管が埋設してある。 U邸の場合、キッチンも浴室も2階にあって、 なおかつ階高も抑えめ(第1種低層住専地域に建つ故)なので、 配管スペース(以下PS)をしっかり考えておかないと将来困ることになる。 特に市街地の住宅でLDKを2階に計画するような場合は、 将来のメンテナンス、水回りの改修を前提に計画しておきたい。 今回、メインのPSをバルコニー下の駐輪場両側に取ることで、 屋内のスペースをいじめずに、メンテナンスも外部から出来る位置にしている。 左側のPSはサニタリースペース用、右側がキッチン用になる。 バルコニーは南側、と言うのがお約束だが、 南側以外にも、サービス用にバルコニーを付けてあげると、 このようにPSまで設けることは少ないが、 エアコンの室外機を置いたり、ちょっとした洗濯物干したりと、 住まいのユーティリティが格段に良くなると思う。  

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here