20080912.JPG 屋根の垂木、野地板、ルーフィングが完了したU邸。 耐力壁も着々と取り付けられている中、 薪ストーブ工事を行ってもらうファイヤーワークス北関東さんに、 屋根の板金工事に先立ち煙突の取り付けに入ってもらった。 リビングでストーブの位置を確認後、煙突の中心を出して、 そこからレーザーポインターで天井にマーキングし、 450角の穴の位置を墨出しする。 と書くと簡単そうだが・・・、 U邸の煙突はスキップフロアの間の吹抜を貫通するため、 足場を組むだけで大変だった。 穴空けした後、木枠を組み、 さらに内側に不燃材(ケイカル板t12)を貼るところまでは建築工事。 そこから煙突を吊る鉢巻状の部材を野地板の上に固定し、 屋根面より上の部分のみ煙突を取り付けた。 (写真では天井下しか見えないが) 離れてみると、屋根から煙突が可愛らしく頭を出している。 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ U邸の現場は随時見学可能です。 スキップフロアの住まい、SE工法による一体空間、 針葉樹を燃やせる薪ストーブなど見所満載の住まいです。 ご興味のある方は[email protected]までご予約ください。 無料住宅相談も受付いたします。 建築場所:水戸市千波町(御茶園通り近く) ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here