屋根のガルバリウム鋼板が葺かれている。

20110122t.JPG

いつもはタテハゼで葺く事が多いが、今回の屋根は2寸5分勾配の寄せ棟屋根なので、

軒先にハゼを納めるキャップが付くと目障りになるため横葺きに。

ガルバだと、横葺きにしても長手方向に繋ぎ目が出てこないのが良い。

 

寄せ棟にしている理由は写真を見て分かる通り、周辺の環境に馴染ませるためと、

二世帯住宅のため。二世帯住宅は・・・親世帯と子世帯で、

デザインの指向性が異なるので、その調整は設計屋の腕の見せ所。

子世帯ばかり見ても、親世帯ばかり見せても、どちらからか不満が出るはずなので、

最大公約数的なデザインを見つける工夫が必要になる。

 

今回は屋根は寄せ棟にしながら、勾配は2寸5分とゆるめなので、

遠景からは寄せ棟に見えるが、近景では屋根はフラット。

下から見ると杉板の軒天しか見えて来ないようになっているので、

ダークグレーの外壁と合わせて、緑豊かな環境の中に、

落ち着いたモダンさを感じさせる外観になるはず。

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here