根太も敷き終わり、フローリングの捨て貼りが始まっている。

20100513.JPG

ここの現場に行くたびに、年配の大工さんから図面の内容について細かく確認される。

若い大工さんに比べると、年配の大工さんはあまり図面を見るのが

得意でない人が多いという印象があるが、

ここの現場の大工さんは本当によく図面を見てくれている。

 

設計にはそれぞれ意図しているところがあり、それらをしっかり伝えるのが現場監理で、

現場が設計の内容を確認するという事は、設計の意図を聞いてくれるという事。

現場は毎日刻々と動いていっているので、大事な事は、

現場と監理者のコミュニケーションであり、

それが現場と監理者の信頼関係に繋がっていくと考えている。

住宅であれ何であれ、建築は関係者全員で創っていくものだと思う。

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here