水戸市・中丸町に建つS邸の現場では基礎の配筋工事が進んでいる。

20120316ns1

S邸に限らずボクの事務所で設計している住宅の基礎配筋は、

通常の住宅の基準に使われている瑕疵担保の設計基準とは違い、

(財)日本住宅・木造技術センターが発行している基礎スパン表を使っているので、

鉄筋量がかなり多くなっている。

 

そして最近、このスパン表が改訂され、

平屋の部分と2階建ての部分、基礎の区画の大きさ、などの条件によって、

細かく配筋の仕様が分類されたので、その仕様に合わせて配筋を行っている。

よーく見ると手前の区画の配筋よりも奥に見える区画の配筋の方が細かくなっている。

 

こんな状況なので、鉄筋屋さんや監督さんからの質疑も多く、

今日も現場でプレカットの打合せの後は、配筋の確認となった。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here