ゆっくりとしたペースで進んでいる小美玉の現場ではあるが・・・、玄関庇の形が見えてきて、ようやく外観がそれらしく感じられるようになってきた。

DSCN9560_01

左に大きく跳ね出しているのが玄関の庇。玄関の庇を大きくする場合、普通はポーチ柱を建ててお終いにするわけだが、S邸の場合、ポーチ柱を建てるとちょうどアプローチ方向に対して柱が向いてしまうので、構造的にちょっと工夫をして大きく庇を持ち出している。

DSCN9564_01

屋根の軒を出す場合と違って、庇はあまり厚く見せたくない。いくら持ち出していようと厚くしたくないので、必然と木だけでは持たず、鉄の出番。鉄を上手く使えば1間くらいの持ち出しも可能になる。

(施工:(株)鶴豊建設)

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here