震災前から土地探しの相談を受け、一旦震災により中断したが、

今月から再スタートとなったO邸。

土地は田彦に候補地があったので、ボクの方で価格交渉などの窓口となり、

こちらも今月末には契約の予定で、設計監理契約の方は一足先に先週契約となった。

 

契約前の初回プレゼン用のパース。

田彦O邸-設計スタート 

外観はイメージ通り、プランも気に入って頂き、

来年2月竣工に向けて設計をスタートすることとなった。

 

プランニングもいつも通り、コンパクトな住まいの中に、

広々とした家族みんなが集まるスペースを中心に、

十分な収納と過不足無い個的スペースがあり、もちろん家事動線は使いやすく。

そして今まで以上に強く意識した事は耐震性。

耐震等級3を確保する事はもちろんの事、偏心を極力抑え、

基準法の1.5倍の耐震性能を持たせている。

 

ただし、そのために安易に窓を小さくしたり2×4にしたりせず、

吹抜もあれば窓も大きいのも今まで通り。

O氏を紹介してくれた高場S邸のS氏には、

「宇津さんちを小さくした感じ」と言われたらしいが(笑)、

そういうS邸もU邸を平屋にした感じで(笑)、

これらはどんな状況でも全ての住まいをボクが一つ一つプランニングしている証。

 

そしてO邸の最大課題は・・・いかにカッコ良く自転車を壁に飾るか、だったが(笑)、

今日の打合せで方向性が見えたので、それが実現すれば、

イカれた自転車野郎が見たら羨ましがる住まいになるはず(笑)。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here