笠間市・小原で建築中のO邸。外壁仕上げの左官屋さんの仕事が完了した。

20111129oo1

外壁は真っ白い左官の壁。塗ったのはジョリパットネオ。

他の板金、木部は濃いめの茶系。木部は最後にもう一回塗装する予定。

 

玄関側も、

20111129oo2

もちろん同じ色。白いボリュームの間の木部は茶系としている。

 

住宅の設計をするとき、コストの範囲内で耐久性の高い住宅になるように、

材料を選定したり、仕様を決めたりするが、住宅で最も重要な耐久性能は「美的な耐久性」で、

それは壁が汚れにくいとか、色が褪めやすいとか、という物的性能上の耐久性ではなく、

いつまでも普遍的に美しいと思える住宅、という意味での耐久性。

 

雑誌を切り取ったようなデザインや、ゴテゴテした装飾で誤魔化したデザインではなく、

いつまでも家族から愛着を持ってもらえる、シンプルな素のデザイン。

小原O邸の美的な耐久性も、高いレベルになると思う。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here