既存の建屋の解体が完了した。

20101126n.JPG

元々の計画では、上部躯体と基礎を残して床、壁、天井、設備、建具・・・と、

まさにフルリフォームの予定だったが、実際に、いざ解体してみると・・・、

基礎も上部躯体も、想像以上に傷みがあり、

これでは躯体を残す意味も無いのではないか、という事になって、

結局、建て替え工事を行うことになった。

オール真壁ならともかく、大壁の場合の躯体の調査は難しい・・・。

 

来週末のプラン再提案に向けて現在プランニング中で、

おおよそ方向性が見えてきたので、

改めて現地を見て、計画案の整合性を考えてみる・・・。

現地に行ってみれば、計画案に対する客観的な評価がわかる、はず。

 

おおむねいけそうな案が出来たので、

週末にかけてもうひと練りしてプレゼンに入ろうと思う。

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here