連休明けの今日は、午後から学校の講師業。職員室で講義の準備をしていると、

2年生が求人票を見ている・・・。水戸日建工科は2年制なので、

学生は入学後、1年ちょっとで、もう就職活動に入る。進路を1年で決めるのもなかなか大変だろう。

 

今日から見和の現場で土台敷きが始まっているので、講義終了後にのぞきに行くと、

20120507mm1

大工さん3人で土台敷きを行っている。延床は30坪ちょっとと言っても、平屋なので土台敷きは時間が掛かる。

 

敷き終わった土台を見ると、ただ基礎の上に角材を敷き詰めているだけのようにも見えるが、

これから始まる木工事のは、全てこの土台の上に積み重ねていく作業なので、

大工さんは、水平を見ながら慎重に寸法を取り、作業する事になる。

 

ましてここの現場にはラウンジピットがあり、その形状がまた四角くなかったり(苦笑)、

斜めに振られている壁があったりで、土台敷きからして、大工さんも大変そうだ・・・(苦笑)。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here