1階の天井を仕上げているところ。

20090911.JPG

シナベニヤの目透かし貼り。フィニッシュにクリア塗装をするともう少し濡れた感じになる。

最近は天井もクロスが多いと思うが、

床が白っぽい時にはベニヤのような軽い木系、

湯崎のような天井が高い場合は杉板などの無垢板系、

床が黒ぽい時は天井も壁と同じ白系と、ボクの頭の中では使い分けられている。

 

仕上げを施主と話し合う時、

施主の頭の中に雑誌や展示場で見て気に入った仕上げが有る場合が多く、

それを使いたいと言われるのだが、住まい全体の統合感と、

それらの要望のバランスが難しいところ。

ただ、出来てみると違和感の無い場合が殆どで、

全体が統合されていれば、部分的にトーンの変化があったり、

全く色味が異なったりしても良いと思う。

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here