20081030.JPG

湯崎M邸の遣り方完了。

敷地が道路から見て奥へ緩く上がっているので、 道路境界のコンクリート杭の杭頭を基準に設計GLを+150として、

現況の地盤面からの基礎天端の高さを、 道路に近い方の基礎でGL+550、 敷地奥の基礎でGL+450とした。

作業中の会話の中で、 「施主さんのお父さんは元建築関係者で、

配筋のチェック箇所を絵に描いて施主さんに渡してましたよ」 と聞いた基礎屋さんが苦笑いしたのは言うまでもない(笑)。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here