20090203.JPG

M邸の外観。 1階の板張りは道路側を除いて終了し、 2階の漆喰壁の下地のラス板も終了した。

開口部廻りは板金屋さんが水切りの取り付け。 色は屋根と同色で銀黒。

ここの現場は大工さんが常時3人入っているので、 今は床板を1階と2階と手分けして貼りながら、

もう一人の大工さんはハネだしバルコニーの床を貼っている。 ハネだしのバルコニーなので、床はスノコ状。

スノコと言っても板の厚みは60mm近くあるので、

きちんのメンテナンスさえして貰えれば、 何十年も保ちそうな床板になっている。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here