K邸を施工する東海村の(株)オーヌキさんは創業70年の老舗の材木屋さん。

「K邸の化粧の梁を製材するところをお施主さんに見て欲しい」と担当から連絡があったので、

東海村の平原(ひばら)にあるオーヌキさんの工場へ施主と一緒に見に行くことになった。

 

工場へ行くと製材する丸太が既に用意されている。

20100726k1.JPG

手前2本の丸太をこれからK邸のために製材する。

 

始めに皮むき。

20100726k2.JPG

丸太を皮むきをする機械へセットしているところ。

 

皮むき開始。

20100726k3.JPG

剥かれた皮が大量にあるので、ストーブの着火剤に使えそう・・・(笑)。

 

次はいよいよ梁に加工。

20100726k4.JPG

梁の大きさは3寸5分×8寸なので4寸×1尺程度にする予定。

 

丸太を見ながら、どの向きに取るか、相談中。

20100726k5.JPG

今回は丸太2本からそれぞれ2本の梁を取り、

綺麗な梁を2本チョイスする予定。

 

いよいよ少しずつ丸太が梁に変わっていく。

20100726k6.JPG

みんな丸太を凝視中。

 

最初の1本目は思っていたより節が出た感じ・・・。

20100726k7.JPG

そしてあっという間に梁に。

 

続けて2本目の丸太からも梁を取ってもらい、みんなで見比べる。

20100726k8.JPG

手前2本の梁は1本目の丸太から、奥の1本は2本目の丸太から。

奥の梁の方が綺麗と意見が一致したので、

2本面の丸太から、もう1本梁を取ってもらうことにして、今日の見学は終了。

 

子どもの頃よく遊んだ、笠間の近森神社の隣には、以前、製材所があったので、

境界沿いのブロック塀の開口から中を覗いていた記憶があり、

加工している風景、木の香りが懐かしい感じ・・・。

寂しいことだが、今はもう旧笠間市内に製材所はほとんど残っていない。

 

丸太を製材して取った材木を柱や梁に使うのは、どの木造住宅でも同じだが、

こうして実際に製材するところを自分の目で見ることが出来ると、

竣工してからも、住まいに対する愛着が一層わくというもの。

数年後、数十年後に、施主にとってはとても良い思い出になると思う。

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here