20090214.JPG K邸は階段を造作中。 内部の壁仕上げは、1階は真っ白のカルシウムペイント塗り、 2階は、寝室は同様にペイントするが、 こどもたちの大部屋はOSB貼りなので、 その間をつなぐ階段室の壁をどうするか・・・??? 悩んだ末、外壁を同様に板貼りにすることにした。 白っぽい壁から板貼りの階段を上がるとざっくりしたOSBの壁が現れる。 ただし、板貼りは階段の2階手摺壁までの高さで、 上がりきった時にOSBの壁の中に囲われた感じがするように・・・。 板貼りの色味は濃いめの塗装で仕上げる予定。 こんなストーリーで仕上げを考えたが、 今のところはおかしな感じがしていないので、ひとまず安心。 仕上げを変えるということは、単に材料を変えるという事ではなく、 空間と空間の繋がりを考えるということ。 面と面で仕上げを変えるのか、ボリュームごとに仕上げを変えるのか、 大きな空間の中に小さな空間が入り込むように入れ子にするのか・・・。 仕上げを決定するのにも、しっかりしたコンセプトがあるのと、無いのでは、 出来映えが大きく変わると思う。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here