20080829.JPG 今朝まで降り続いた大雨が、奇跡か?と思えるくらいのタイミングであがり、 無事、K邸の地鎮祭が本日10時半より執り行われた。 今回の神主は笠間稲荷の若い宮司。 なんとなく・・・、少し厳かさが不足か・・・。 こんなこと書くとバチが当たりそうで怖いが(笑)。 地鎮祭が終わった後は、施工する前崎建築交えて今後の打合せ。 見積金額も了承していただき、後は正式契約するのみとなった。 金額的にはガレージ含めた延床55坪に対して、 坪50万円が遙か遠く感じるくらいの金額でおさまっているのだから、 笠間の工務店で建てるのがいかにお得か分かると思う。 安いからと言っても、ビニールクロスなんて1㎡も使っていないし、 家具も造作、大型の木製建具も製作、ウッドデッキまで含んでいる。 むしろ「1階だけでも腰板貼らせて」と大工から言われるくらい(笑)。 良い住まいを建てるには、設計屋がいくら図面を書いても、 結局最後は大工のやる気と腕次第。 そういう意味では大工のやる気を引き出した今回のK邸。 必ず良い住まいになると思う。 (でも奥さんからは狭いって言われそうだなぁ(苦笑))。 本日はおめでとうございます。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here