瓜連の現場も順調に進んでおり、

今日の現場には大工さん以外に電気屋さん、外壁屋さんが来ていつもより賑やか。

20110114.JPG

リビングの上に出てくる梁には、

当初の設計で屋根を支える小屋束が一間ピッチに立っていたが、

どうも・・・違和感があるので半間ピッチに変更する事にしていた。

半間にする事で、逆にうるさく見えないか心配もあったが、

現場を見る限りは正解だったよう・・・。

このあたりになると、合理的に考える事よりも感覚的なもの。

 

梁と梁に立つ小屋束を緊結させるため、通常はカスガイを打つが、

ここでカスガイは目立ちすぎるのでは、と言う事で込み栓に変更。

小屋束のすぐ下に丸い込み栓が見えるだろうか。

こんな芸当も在来工法ならでは。

 

設計段階で一から十までぴし~っと決めて、

現場では設計通りに進んでいるか監理するのも良いが、

折角経験のある職人さんが現場にはたくさんいるんだから、

みんなで知恵を出し合って進める方が、

より良い住まいが出来ると思う。

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here