先月22日に初回プレゼンテーションをした千波山H邸の2回目の打合せ。

プレゼン前のヒアリングで施主の奥様から与えられたイメージは、

カーディガンのような住まい

にしたい、ということ。肩肘の張らない、心地良い家・・・。

それでいて品のある、上質な住まいというイメージか・・・。

 

正直、今までに無い難しいテーマを出して頂いたなと思った。

そもそもボク自身、常に肩肘張って生きてきた人間だし(苦笑)、

そして、カーディガンというかニットは一切着ないので・・・(苦笑)。

ボクにとっては・・・、

「水戸で二番目にカッコいい家にして!」と言われる方が簡単かもしれない(笑)。

20100222.JPG

エスキスをして、プランは比較的すっきり納まったのだが、

屋根がどうもしっくりこない・・・。カーディガンっぽくならない・・・(苦笑)。 

屋根だけで何案パースを作ったか・・・。

結局、軒の高さを出来るだけ低く低く押さえた片流れが 一番しっくりくる感じ。

色味は、現在使われている家具をそのまま大事に使ってくださるという事なので、

その家具の色をベースカラーとした。

 

今回は外構の提案をするところまで時間が取れなかったので、

次回以降、道路沿いの外構の提案を含めて、イメージにより近づけていきたい。

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here