東海村に建築中のH邸は本日上棟した。

DSCN9732_01

平面の形状が6間×6間の正方形となっているので、屋根の形状も当然ながら本来は正方形の方形屋根になるが・・・、南東側と南西側の軒を6尺(1800mm)、北東側と北西側を3尺(900mm)にしたため、そしてその軒の出をより強調するため、隅木(屋根の尾根線にあるナナメ部分の部材)を北方向に振ったことにより、屋根勾配が2寸5分と5寸という2種類の勾配を持つ住まいとなった。

これによって、屋根の天辺部分の隅木が集まる部分は、

DSCN9721_01

本来ならそれぞれ90度で交差するはずが・・・一応左右対称にはなっているものの、いかにも加工が難しそうな形状になっている。

一番大きな隅木の軒方向は、

DSCN9723_01

LDKに大きく架かっているので断面も大きくなっている。隅木の下端に掘ってある溝はライティングレールを埋め込むための溝。

DSCN9730_01

一部小ぶりのスキップフロアもつくり、屋根形状と内部空間が整合するようになっている。

本日はおめでとうございました。

(施工:(株)オーヌキ)

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here