昨日1/30は、東大野G邸のオープンハウスの日。
 
20110130g1.JPG
(※写真入れ替えました。ストーブの写真がピンぼけしてると指摘があったので(笑))
 
あいかわらず続く寒さにもかかわらず、

20組近く東大野まで集まって頂き、ありがとうございました。
 
今回は竣工1年後のオープンハウスとあって、
実際に毎日G邸で暮らしているご家族から、
どうやってボクと出会ったか、どんな風に設計を進めていったか、
実際住んでみてどうか、住んでから分かった事、など、
生の声を聞いて頂く事が出来たと思います。
 
どんな住まいにも、それぞれ複雑な条件があります。
家族構成、予算、敷地条件、
暮らしのイメージや専用住宅なのか店舗や事務所などとの併用住宅なのか、等々・・・。
それらの複雑な条件を整理して、限られた予算の中で、
最大限暮らしやすい住まいを提案し、実現するのが「建築家」としてのボクの仕事。
G邸にはG邸の条件があり、その条件に対する答えを、
昨日のオープンハウスで見て頂きました。
 
一方で、住まいづくりには、常に不安がつきまとってくる不幸な時代になりました。
建築主に住まいづくりのプロはいません。ほとんどの家族にとって初めての経験です。
初めての経験にもかかわらず、対する相手は建築施工のプロ、
不動産のプロ、みなその道のプロばかり・・・。
まとものやり合って勝てるはずがありません。勝者はいつもプロ・・・。
法律上、建築主の代理として業者と戦ってくれるのが「建築士」です。
 
建築設計の仕事には、「建築家」としての職能と「建築士」としての職能があり、
このバランスが崩れると、良い住まいは出来ないと考えています。
 
住まいづくりとは、単に「家」というモノを買うのではなく、
家族みんなの暮らしの青写真を創りあげる事。
自分たちに合った住まいはどんな住まいか、安心に住まいを作るにはどうしたら良いか、
一緒に考えていければ良いと思います。
後悔しない、身の丈にあった住まいづくりのお手伝いが出来るように、
これからもオープンハウスの機会を設けられればと思いますので、
是非ご参加ください。
 
最後になりましたが、竣工一年後にもかかわらず、
オープンハウスを行って頂いたばかりでなく、ユーモアを交えながら、
分かりやすい説明、感想を言葉にして頂いたG邸ご夫妻に、
あらためて感謝いたします。本当にありがとうございました。
一日も早く、念願の料理教室が開講出来るよう願っております。
 
 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here