現在、基本設計中の「スキップフロアでつながる住まい2」と「千波町S邸」のプランが、

今週の打合せでほぼ決定した。

この2つの住まいは当初、薪ストーブを入れる予定は無かったはずだったが・・・、

結局、2つとも煙突が付くことに(笑)。別にボクが薦めた訳でも無く(笑)。

やはり、打合せをU邸でしているうちに欲しくなってくるらしい。

 

薪ストーブに関しては、メリットもあればデメリットもあるので、

導入に関しては慎重に検討して欲しいと思う。

 

メリットは、

・暖房器具としては最も暖かい
・住まいの中に火があり人が集まる
・料理にも使える
・インテリア要素になる
・湿度が下がるので木造の建物が長持ちする
・薪ストーブユーザーのつながりが出来る
・お酒が美味しい(笑)
・カーボンオフセットによりエコロジーに貢献出来る

あたりか。一方デメリットは、

・薪集め、薪割という薪作り作業が重労働
・暖まるのに時間がかかる
・薪置場が必要
・触ると火傷をする
・ストーブ廻りが薪や灰で汚れる

というところ。薪ストーブに火を入れる事自体は女性にも簡単に出来る事なので、

やはり薪作りを男手が出来るかどうか、導入の分かれ目になる。

薪割も、大変だと思うか、楽しいと思うかは受け取る側の人次第。

どうせやるなら楽しくやれれば良いと思う。

 

実際に薪ストーブを使っているユーザーのボクとしては、

・忙しい人にこそ、薪ストーブを使って欲しい

・サラリーマンには無理なんて、考える前から諦めないで欲しい

という事を付け加えておきたい。

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here