大宮の現場は造作工事も完了し、いまは塗装工事を行っているところ。

DSCN9813_023_01

毎度毎度、設計を行うごとに造作に使う集成材やランバーコア材の使用量が増えているらしく、それでも設計中は極力材料の無駄が出ないように設計しているはずなので、単純に作っている造作類の数量が増えているという事だろう。ある意味、施主から家具工事に対する期待が大きいという事なので、今後も造作家具の設計には力を入れていきたい。このところ、住宅性能の向上に意識が向いており、一定の成果も得られてきたところなので、今後はより一層、住み心地や使い勝手を良くしていきたい。

DSCN9810_020_01

いつもとちょっと違う対面キッチンのカウンターには、ボトルラックが組み込まれている。ボトルラックと言えば聞こえは良いが・・・単なる一升瓶置き場(笑)。一升瓶の直径が105mm程度なので・・・一体何本入ることか(笑)。ここに「宇津建築設計事務所」用にボトルキープしてもらうため(笑)、焼酎も飲めるように今から慣れるようにしておこう(笑)。

DSCN9811_021_01

キッチンとダイニングの背面もいつもより多い収納が作られている。

DSCN9812_022_01

洗面カウンターにはいつものSK106。壁天井は湿気対策も考えて無塗装の杉板貼り。

これからいよいよ壁の塗装に入るので、これが完了すると竣工まであと一息。

(施工:(株)オーヌキ)

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here