A邸の敷地は北側と南側で接道しているので、

アプローチの北側から、早くも外構工事がスタートしている。

20101026a.JPG

今は駐車場のゲートと物置の基礎に取りかかっているところ。

駐車場にカーポートを設置する場合、

カーポートの素材感が住まい本体の素材感と合わないため、

アプローチから見て本体とカーポートが重なって見えないように、

敷地全体の配置計画を考えるようにしているが、

今回は完全に重なるため駐車場にゲートを設けて、

カーポートの違和感が極力おもてに出てこないようにしている。

 

建築の設計にはたくさんのセオリーがあって、 

そのセオリーは、勤めている時に先輩など周りの人から学ぶ事も多いし、

実際に見た建築から学ぶ事もあったり、自分で考える事もあるが、

難しい設計全体を破綻なく納めるためには、

設計者の頭の中にたくさんのセオリーがどれだけ入っているかによる事になり、

結局はその設計者がどれだけ深く設計について建築について、

学んできたか、考えてきたか、によると思う。

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here