監督さんに「板状なので、大沼より木目が出る材にしたい」と、

以前オーダーしておいたスキフロ2の玄関のカマチを、

東海村・平原の工場で挽いてみたので見てくれと連絡が来たので、

施主と一緒に行ってみると、

20101229.JPG

かなり厚さのあるケヤキが挽いてあった。仕上がりで75mm取れる厚さ。

材木屋さんからすると、木目が素直過ぎてケヤキとしては大人しいらしいが、

設計屋からするとちょうど良い塩梅。

 

このカマチと玄関の土間にぐるっと回す巾木の色を揃えるために、

他にも何枚かケヤキがあり、巾木の方は幅が160~170mmくらいなので、

それほど木目も強調されてこないため、どこの材をどこに使うか、

あとの木配りは監督さんと工場にお任せ。

メインの部材のテイストを決めた後は、

その部材に合うようにしてくれるはず。

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here