10月から「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律」が施行され、

新築住宅を引き渡す場合、保険加入又は供託のいずれかの対応が必要になるが、

もちろんこれは施工会社の話し。

 設計事務所の場合は(社)日本建築士事務所協会連合会が、

設計事務所の保険を扱っている。

 

設計監理業務において、自分のミスに起因するトラブルが無いようにする事は当たり前だが、

それでも万が一に備える事も必要だと思うので、

事務所の規模が小さいと割高な保険になるのは承知の上で加入している。

 

住宅の瑕疵担保に関する保険は構造と雨漏りが対象なので、

実際どの程度保険の効力があるのか判らないが、

それに比べると、こちらの保険は設計監理業務全般が対象になるので、

住まいを建てる施主としては安心感は大きいと思う。

 

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here