20090217.JPG 先月の18日、U邸に遊びに来た子はめっちゃ文房具好き。 ブログも書いていて、『筆箱採集帳』なる本に彼女の筆箱が掲載されているくらい。 ブログはこっち。バラしてごめんな(笑)。 http://okmtaym.blog.ocn.ne.jp/ 先日、メールで「宇津さんの筆箱を公開してくれ」とオファーが来たので、 公開するまでメールが来そうな感じがするし(笑)、公開するか・・・。 いつもペンケースに入っているのは、手前左から、 ・三角スケール(ステッドラー、芯がアルミのモノ) ・シャープペン(ラミー、ピュア、2B-0.7mm芯) ・万年筆(ウォーターマン、カレンデラックス) ・万年筆(ラミー、アルスター、赤インク専用) ・シャープペン(ステッドラー、2mm芯、赤専用) ・ボールペン(ラミー、ノト) ・消しゴム(MONOの一番小さいモノ) ・ハンコ(宇津印と訂正印) というラインナップ。 基本的に持ち物は車とゼロハリも含めてシルバー(笑)。 カレンはエスキスから何から万能選手で一番使用している。 アルスターと2mm芯シャープは赤専用で添削、巡回指導用。 ノトは申請の訂正など、もっぱら外で使用している。最近買ったお気に入り。 万年筆は他に手帳用にウォーターマンのプレファス(ブルー)。 プレファスはもう生産終了になってしまったが手放せない文房具。 購入したのが2000年なので、もうかれこれ10年近く使っている。 ペン先がEFなので手帳の小さい字にぴったり。 実用一点張りの素っ気ない筆箱の中身だが、 ボクなりのお気に入りの文房具になっている。 使用頻度で考えれば、もう文房具よりもPCの方が圧倒的だが、 どういう訳か、PCに愛着は無い。今は。 かつては、愛用のTHINKPAD 235にはかなり愛着があったが、 最近は全く道具としての所有欲をそそるPCが無いのが原因。 その点、文房具は色んな種類があって楽しい。 やっぱりアナログの方がボクには向いている(笑)。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here