2週間前に、一度「平家」か「2階建て」かの検討提案を行っているF邸。

今回が実質的な初回プレゼンテーション。

いつも通り、模型、パース、図面一式、工程表、予算書などを提出。

 20090719.JPG

パースを見ると、めっちゃ豪邸に見えるが(笑)、実は延床面積33坪の平家建て。

開口部も一見高そうなカーテンウォール?に見えるが、普通の引き違いサッシ(笑)。

外壁は施主の希望により板貼り。市街化区域で外壁を防火構造にしないといけないので、

U邸同様、ダイライト下地の上杉板貼り+キシラデコール塗り。

 

33坪と言っても、LDKはアイランドキッチンと薪ストーブがあって、広さは22帖。

収納はシューズクローゼットやパントリー、水回りにもクローゼットが有り、

居室スペースは書斎3帖、主寝室8帖、子ども部屋も5帖ずつ確保している。

 

そして内部と外部の中間領域の提案も。

LDKと庭の間には屋根のある土間、サニタリーにはコート(中庭)があり、

水回りに採光・通風を確保しつつ、

エコキュートなど、外から見えると不細工な設備機器置場も兼用している。

もちろん日常的には一番使用するのは物干しとして。

 

こちらが模型。

20090719m.JPG

平家はいつもそうだが、模型よりパースの方が見栄えがする(笑)。

どうしても模型で上の視点から見ると、屋根ばかり見えてしまうので。

 

竣工の希望が来春であまり時間も無いので、

来週には正式契約を交わし、早速設計をスタートする。

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here