水曜日は隔週で一級製図の講師業の日。いつもなら午後から講義になるが、

今日は今年度最初の模擬試験のため9時前に教室入りなので、

その前に来週末に完了検査を控えている中丸町の現場へ。

 

20120707ns1

外部の塗装や樋も取り付けられ、外周りはウッドデッキなど外構的な要素を除き出来ている。

内部もこれからいくつかの造作家具を作れば、あとはクロスなどの仕上げ、設備の取付で、

なんとかぎりぎり間に合う感じ。

 

学校に行ってからは、今日はいつもより講義時間が長いので、宿題の添削をしても時間が余るはずなので、

受講生たちと同じ時間にプラン作成。

20120704

もちろん答案例を見る前に別案を作成してみる。

同じスタートラインに立ってプランを作成してみると、受講生たちへの指導ポイントが改めて見えてくる。

なぜ彼らはより複雑なプランに入ってしまうのか・・・。

 

理由は簡単で、「複雑な寸法は使わない」という単なる固定的な思い込みがあるためで、

言われれば「あ、そっか」程度の事でも、それを自分の力で振り切る事がなかなか出来ないので、

いつの間にか学校の答案例のように、「寸法は簡単、プランは複雑」になってしまう。

本来は「プランをシンプルに」とだけ考えれば良いだけなんだが。

 

再来週の前半戦最後の講義にはこのあたりの思い込みを無くす、まとめの講義をしてあげて、

いよいよ発表になる今年の課題を待つ事にしよう。

 

それにしても、昨日は公務員、今日は講師と、いつ設計の仕事してるんだ?って、

いろんな人から言われそうで怖い(苦笑)。

{socialbuttons}

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here