一通り木工事が進んだので、予定通り今日は監督さんとボクによる立会検査。

_20140527_051

まずはお約束?の玄関収納棚の棚板と棚柱の位置のズレ。初めての大工さんに多い間違い。

_20140527_052

監督さんから大工さんへの指示は「棚柱と棚板の隙間は3mm」と指示済みだったはずが、4~5mmの隙間があるようなので、棚板は全部作り直すことに。

_20140527_053

洗面カウンターの集成材がカケているので交換。

_20140527_054

全般的にまだ棚板のカット面がささくれがあったりするので、作り直す時の注意に。

_20140527_055

カウンター角の面取り寸法にバラツキがあるので統一させる。

_20140527_056

ベッドが入るようにとの監督さんの配慮で丸柱の位置をずらして製作したが・・・逆に・・・入らなくなるので丸柱の位置は図面通りに。

_20140527_058

キッチンカウンターの棚板は棚柱ではなくダボで受ける仕様なので、ここだけは3mmの隙間ではなくほぼぴったりに棚板は作り直す。

 

今までの現場では見た目重視で、ほぼジャストサイズで製作した棚板が、実際生活していくと上下に移動がしづらいらしく、かなりの現場から後々、「棚板の幅を小さくして」と手直しが発生してきた経験により、最近は棚板と棚柱の隙間を3mm程度取るようにしているのだが、棚板の幅がそもそも小さめのところは、相対的に隙間が大きく見えて、そのあたりも今後の検討課題。

そして、今回壁の仕上げが塗装なので、耐久性を考えて収納の背板をシナ合板にしてもらったが、棚の枡目にピッタリサイズにシナ合板をカットして貼るのがいかに至難の業か・・・。棚だって微妙に水平垂直・直角もわずかにずれるわけなので、これも今後の検討課題。

いつも同じような仕様で設計していても、現場では色々と検討する課題もあり、やってみて初めてわかることも多く、だからといって不具合を残したままにする訳にはいかないので、監督さんと相談しながら、今後に活かすためにもダメなものはダメとすっぱり考えて手直しを進めていく。

 

{socialbuttons}

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here