昨年に引き続き、今年も新設の住宅着工戸数は80万戸程度になるのか、

今のところ、国土交通省から発表されている「平成22年7月の新設住宅着工戸数」の、

3ページ・資料2(pdfの4枚目)を見ると、新設住宅の持家の戸数は、ほぼ横ばい。

 

もっとも持家だけ見れば、平成19年から年間30万戸程度で推移しているので、

今後も大きく変動しないと考えられる。

考えようによっては、持家需要はどれだけ景気が悪くても、

一定程度の需要はあると言う事だが、

現在の状況は今後も続くので、今、経営的に苦しければ、

今後も苦しい状況は続くことになる。

 

なんせ、国は補助金をどんどんばらまき、銀行の住宅ローンの金利にいたっては、

変動金利は来月10月から0.85%・・・・。フラット35Sで1.0%ちょい・・・。

この状況は、いま住宅を建てようと考えている人(建てられる人)にとっては、

最高の状況に見えるが、工務店やハウスメーカーの経営状況には、

相当注意する必要があると思う。

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here