GW中にはほとんど緑の無かったアオダモも、ようやく芽吹いてきたかと思っているうちに、

一気に緑が広がっている。

20100508a.JPG

既にシロヤシオは花が散り始めているが、

アオダモも、白いふわふわした花が咲くらしいので、これから咲くかどうか・・・。

この花も毎年咲くわけではないらしいが。

 

去年、庭の緑も一通り整ったかなと思っていたのだが、

「うちってツツジもモッコウバラもアオダモも、花がみんな白いのよね」と嫁に言われ、

そう言われると、確かに家の板貼りと調和するように、

なんとなく無意識のうちに白系の花のつく樹を選んできた、かもしれない。

 

それとは別に、この冬感じていた事は、やはり、多少常緑樹も無いと、

あまりにも寂しい・・・。何か良い、背丈の低い常緑は無いか、と。

 

そんなこんなで、今日の夕方、打合せが一段落してから、

久々にいつもの造園屋さんに足を運ぶ・・・。

まずはヤシオの花が見事に咲いた事を報告。

さすがにかなり心配されていたので造園屋さんも嬉しそう。

 

次に、また新たな要望を色々出す。

「常緑も多少欲しくなった」「色味のある樹で良いのはないか」

「ヤシオの西日対策も欲しい」「アオダモの立ち姿を邪魔しない樹」等々。

 

具体的な樹の名前や大きさなどは一切お任せ。

造園の素人のボクが、延々と時間をかけて樹を調べて、勉強したところで、

造園のプロの持っている知識、見識に勝てるはずがないので。

それよりは、信頼できるプロに出会う方が、遥かに結果は良くなる。

信頼出来る人かどうかは、直接会って話して、面構え見れば想像が付く。

 

うちの庭は面積が小さいので、一本一本の樹形も重要だという事など、

ボクが言うまでもなく、プロは考えてくれているし、

購入済みのアオダモやヤシオとの大きさのバランス、相性まで考えてくれる。

 

ボクが考えられる事など、せいぜい樹の配置のバランスくらい。

配置のコツとしては、メリハリをつける事か。

例えば、リビングから見える、「ここは!」と思うところには、

大きさや樹形に拘ったお気に入りの樹を植える。当然、お金もここにかける。

広い面やアプローチ沿いなどにはリズミカルな感じが欲しい。

同じ大きさ、同じ種類の樹を同じ間隔で植えると、

幾何学的な形態の建築との馴染みも良くなる、ような気がする(笑)。

 

色々と候補を教えてもらったので、一旦それを頭に入れて持ち帰り、

さて実際、どれが合いそうか、上の写真を見ながら(笑)、またしばらく悩むことになりそうだ。

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here