20081213.JPG 午前中は双葉台の方のM邸の打合せなので、 コーヒー屋さんで一仕事してからM邸へ伺う。 プランもほぼ決まり、スケジュールはかなり順調で、 打合せの話題はもっぱらストーブの事。 今日のようなストーブ日和にはなおさら。 とりあえず次回はU邸のストーブを見に行く事にする。 炎の美しさならやっぱりネスターになるが、 ネスターにも一長一短あるのでじっくり検討してもらう。 昼過ぎに事務所に戻り、昨日一日事務所を空けていたので、 届いていた見積やらなんやらをチェックしてから、湯崎の現場へ。 金物の入れ方を説明してから電気関係の打合せ。 照明とそのスイッチの位置、コンセントの位置を確認して頂く。 途中、お茶の時間も入ったりして、終わった時は結構日が落ちていた。 やっぱりストーブ日和(笑)。 また事務所に戻り、もう一仕事。こういうときに限って、 「灯油を買ってきてくれ」とお袋からオーダーが出る。 来冬までには笠間にも薪かペレットでも入れようか(笑)。 一仕事終え、U邸の現場へ塗装の確認へ行く。 暗くなってから塗装の確認に行くなと言われそうだが、 明日で壁の塗装は全て終了の予定で、 ロフト~2階は終了していた。明日は1階。 チャフウォールは表面がざらっとしていて、かつ平滑なので、 ツルっとしたペンキとボテってした珪藻土の中間のようなテクスチャー。 U邸は一番白っぽい色にしたが、汚れを考えると、 少し黄色味が入った方が良さそうな感じがする。 パッと見は白が綺麗だが。 塗装屋さんの仕事を見ていると、下地の処理には時間が掛かるが、 仕上げはローラーなので素人でも十分出来る感じ。 塗り直し必須のK邸には(笑)、やはりチャフが最適のようだ。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here