今日から震災で被害を受けた建物の復旧工事が2ヶ所始まった。

一つは旧笠間市内の三洋堂書店。元々ボクが設計監理したわけではないが、

オーナーがボクのお袋の床屋のお客さんなので、面倒見る事になった。

20110425s

 

旧笠間市内は結構地盤が悪く、ここも基礎は杭基礎。

そのおかげで建物自体は傾いていないが、廻りの地盤が下がっており、

給排水の配管が破断していた。後ろのフェンスの基礎のCBを見ると、

どれくらい下がったか、すぐにわかる。駐車場の車止めブロックも傾いている。

内部も直せる所を直して、先行してレンタルだけリスタートする予定。

二つ目は水戸・白梅の住宅。

老夫婦二人でお住まいで、地震により少し住まいが傾いている。

傾きは直す事が出来ないので、これ以上傾かないように、

筋交いを増設・補強して耐震性能をアップさせる工事に入る。

 

20110425m

 

幅2間あったDKとリビングの間に耐力壁をつくっているところ。

筋交いを入れて金物で固定したので、ご夫婦もかなりご安心された様子。

生憎、大工さんにはスケジュールが一杯一杯のところに、

無理無理補強工事を押し込んでもらったので、

次回は少し日を空けて一気に工事を進める予定。

合間に瓜連へ行って外構工事を確認。

20110425h

土留めの工事が進んでいる。配筋が終わってベースのコンクリートを打設中。

相変わらずここのところは、ほとんど事務所を不在にしている状況で、

おまけに今週の水曜日から、一級建築士の製図の講義も始まるので、

何だかんだと慌ただしい日がしばらく続く感じ。

家に帰ると、amazonに注文していた造園のバイブル「日本の樹木」が届いていた。

20110425j

初版は1985年らしいので、もう26年前。造園屋さんに行くと、

どんな木か説明される時に見せられるのが必ずこの本で、

欲しいと思って書店で探しても見当たらないので、ネットで検索して発見。

当然、新品はどこにも無しで、amazonで中古品を購入。

当時の定価4800円なのに、販売価格は5000円強(苦笑)。

でも想像以上に綺麗な状態の本だったので大満足。

同系列の「野草」の本は一昨年増補版がでたようなので、

こちらもそろそろ出るかもしれない。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here