20090111.JPG 今日は午前と午後1組ずつ、U邸を見学頂く。 午前中はK邸のご家族。 残念ながら奥様は体調不良のため後日となったが、 ご主人に実際にU邸を見て頂き、色々と確認して頂く。 その間、子どもたちは子どもたち同士でロフトで遊んでもらう。 子どもたちはすっかりU邸になじんでいる(笑)。 午後は現在設計者を選定中の若いご夫婦。 住まいの設計という仕事は、単に一つの仕事というよりは、 もっと家族ぐるみの付き合いをしながら、お互いのコミュニケーションを図っていき、 住まいづくりの課程も楽しみながら、密度の濃い打合せを重ねて、 その住まいの一番相応しいプランを練り上げていく作業。 施主からすると設計者とは長い付き合いになるので、 その人物像が一番気になるところではないだろうか。 そういう判断材料としては、実際にU邸を見て頂くことが最適だと思う。 写真はダイニング。テーブルは製作もので、脚は東大阪の金物屋さんに依頼。 http://www.kitweb.co.jp/ どうしても一本脚にしたかったが、既製品で一本脚が見つからず、 1200Φのタモ集成材の天板を支える一本脚のアルミの脚が欲しいと伝え、 見積を依頼した。なんと18,000円。天板と合わせてもかなり安い。 探すと結構良い物が見つかるものだ。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here