今時の住まいの天井高さは2,400mmが標準的になっている。建築基準法では、居室の天井高さは2,100mm以上と規定されているので、都市部などではこの2,100mmギリギリで設計したりする事もあるが、田舎ではなかなか受け入れられにくい。どうしても・・・天井高さに限らず、空間の広さの感覚というのは、経験的なものなので。

ボクも笠間という田舎育ちなので、当然天井高さを抑えることには一定の抵抗感がある。むしろ平屋の住まいの時は天井高さは高め高めに取る方で、

20140403m2s_024

いま施工中のS邸のLDの天井高さは低いところで3,400mm、高いところで3,800mmあり、市街地に建つ平屋なので、開放性を天井高さに求めている。

一方で、天井の高い空間があると、スキップしている部屋の天井高さは、

20140403m2s_025

法ギリギリの2,100mmくらいでも、逆に落ち着きのある空間に感じる。天井の高さにメリハリをつけて、高いところは高いなりに、低いところは低いなりの部屋にすることで、内部空間に変化を持たせつつ、外観はシンプルなデザインとする事が可能になる。

 

{socialbuttons}

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here