住宅設計の打合せをする時、必ず言われるのが、

「収納を十分に」「スッキリとモノが見えなくなるように」ということ。

わざわざ見せなくしなきゃいけないモノを、

わざわざ買わなければ良いだけなのだが(苦笑)、

子どもの頃から過剰消費社会の中で生活している我々は、

わかっていてもついつい供給側の戦略・誘惑に負けて、モノを買ってしまい、

そのために溢れるモノを収納するために家を大きくして、

借金も大きくしてしまっている・・・(苦笑)。あきらかに過剰消費癖が我々にはある。

 

せめて、次の世代にはそのような過剰消費癖を無くして欲しいので、

子ども部屋の収納は、隠す収納は採用したくない。

20100614.JPG

これだけオープンな収納の場合、ちゃんとお片付けをしないと、

友だちも呼べなくなる(笑)。

 

当然、お母さんも「部屋を片付けなさい」と言う回数が増える事になるが、

子どもにそう躾ける以上は、自分自身も片付けないといけなくなる(笑)。

でないと子どもから「お母さんも片付けてないじゃない!」と言われるので(笑)。

 

結果的に、子ども部屋を小さく、収納も必要最小限にすると、

住まい全体が綺麗に片付く事になる(笑)。

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here