しばらくぶりと言うか、茨城に来てから一度も行っていなかった元旦行事・天皇杯決勝を、

6年ぶりに観戦に行くことにしていた。

 

決勝のチケットは11月ごろ発売なので、その時点ではまだ対戦カードは分からない。

分からないが、この決勝だけは対戦カードがどのチームであれ関係なく、

元旦に国立でサッカーを観る事自体が楽しい。

 

何とも言えない独特の・・・晴れやかな雰囲気に包まれているスタジアムに、

りくとが幼稚園年長の98年元旦からは毎年行っており、

試合が終わると表参道のレストランで食事をして帰ってくるのが、

ボクとりくとの正月行事だった。それも今年からはらいきに世代交代。

セガレにしてみれば、元旦にオヤジとサッカー観に行く事が楽しいのだろう。

 

今回は運良く鹿島が決勝へ駒を進めており、

そして決勝も・・・、

20110101.JPG

鹿島が優勝。

 

やはり勝負事は勝たないと意味がない・・・。

勝つためにどうすべきか考えて、実行しないといけない。

元旦からエネルギー貰えて行った甲斐があった試合だった。

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here