久しぶりにSEA’Sのブログを読んでいると、

来年度も長期優良住宅の補助金が続く見通しらしい。

来年度の事なので、金額や条件は未定だが。

 

うちの事務所も、長期優良住宅認定申請の実績が既に5棟になり、

現在も2棟申請中で、申請作業も少しずつ手慣れてきたようなので、

来年度、本当に補助金が続く場合、全棟、補助金を受けようと思う。

 

補助金申請の申請者は施工者になるため、

本来、1施工者に対して、年5棟までしか補助金を受ける事が出来ないが、

うちの事務所の場合、全棟補助金を受ける事が可能。

 

なぜなら、申請の技術審査と認定申請まではうちの事務所で行い、

補助金枠の残っている工務店に施工を振り分けて、

その施工者に補助金申請をお願いすれば、理論上は全棟補助金可能になる。

 

こんな美味しい話を使わない手は無いと、ボクは思うのだが、

残念ながら、県内の設計事務所で本格的に長期の申請に対応しているところは・・・、

かなり少数派、らしい。

 

おそらく、ネックは構造計算が必要になる事。

たしかに面倒な作業で時間もかかり、

初期のプランニング段階から構造計画を頭に入れておかないと、

後で取り返しが付かないことになるが、

やって出来ない事ではない事をやろうとせずに、

別な理由を付けて逃げるのは嫌いなので。

施主の利益になる事であれば逃げる訳にはいかない、

というのがボクのスタンス。

 

という事で、今年は全棟、補助金を狙います。

 

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here